新型コロナウィルス関連の融資

日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付の受付が始まりました。これまで融資や公的な支援とは距離を置かれていた事業者様もこの局面を乗り切るために活用を検討されてはいかがでしょうか。

日本政策金融公庫新型コロナウイルスに関する相談窓口はこちら

新型コロナウイルス感染症特別貸付(公庫実質無利息・無担保融資)の対象

① 【融資対象】新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況悪化を来たし、次のいずれかに該当する方
・最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上 減少した方
・業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の場合等は、最近1ヶ月の売上高が、 次のいずれかと比較して5%以上減少している方
a 過去3ヶ月(最近1ヶ月を含む。)の平均売上高
b 令和元年12月の売上高
c 令和元年10月~12月の売上高平均額
※個人事業主(事業性のあるフリーランスを含み、小規模に限る)は、影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応。

② 【適用対象】 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により借入を行った中小企業 者のうち、以下の要件を満たす方
・個人事業主(事業性のあるフリーランス含み、小規模に限る):要件なし
・小規模事業者(法人事業者) :売上高▲15%減少
・中小企業者(上記➀➁を除く事業者):売上高▲20%減少
※小規模要件 ・製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下 ・卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下

✳️① と②を合わせると無利息・無担保融資となります。
✳️①だけだと、無金利にはならず、3年間基準金利マイナス0.9%になり、0%台の金利となります。
①と②は同時申請可

※上記の公庫融資に該当しなくても他にコロナ対策などの融資制度は複数ございます。

以上、知り合いのコンサルタントさんにまとめていただきました。

市役所勤務時代に支援の情報を発信しても、本当に必要とされる方に情報が届いていないのではないかと感じることが多くありました。
同様の情報は、各所から受け取っておられるかと思いながらも、できるだけ多くの方にご活用いただきたくこの記事を作成しております。
この局面、乗り切れますように。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA